A Re Material

伝統工芸「有松絞り」の凹凸や質感を、木材に転写し、素材を生まれ変わらせる試み


Wood Change Award 2020 応募作品

名古屋の伝統工芸「有松絞り」の模様は、布を紐でくくる作業から生まれる。同時に、くくりの作業によって布に生じるしわは、有松絞りの大きな特徴である。このしわを形状記憶させることで、染の柄だけでなく形で有松絞りの新しい可能性を示すアパレルブランド「cucuri」が生産している布を3Dスキャンした。スキャンされた3Dデータの、凹凸の高さに応じたデータからグラデーションを作り、レーザー彫刻により別の素材に転写することで素材を生まれ変わらせる試み。

多方向からの撮影により、布を3Dスキャンする

material1

material2

木材にレーザー彫刻でしわを転写することで、木目と凹凸が重なった新しい表情が生まれる

wood1

木材の種類により、木目と凹凸との重なり方が異なる

wood2

新しい表情が生み出す影を楽しむランプシェードや、手触りを味わうプロダクトなどを制作

lampshade

thumbnail

アクリルに転写した内装材も制作した

acrylic

Date : 2021 年 2 月 15 日